マーク公式ブログ

MARK from GARO(堀内護)公式ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大変残念なお知らせです。

マークこと堀内護(ほりうちまもる)は、ここ数ヶ月の短い闘病生活ではございましたが、思いのほか病魔の進行が早かったために、手当ての甲斐なく12月9日(火)の午前3時9分、胃癌の為に永眠致しました。
享年65歳。安らかに眠るような旅立ちでした。
ここに謹んでご報告申し上げます。

1970年代、抜群のギターワークに乗って、美しく力強いハーモニーやファッションセンスと共に駆け抜けていったGARO。マークはそのGAROのメンバーでもあり、今でもエバーグリーンの輝きを放つメロディメーカーでもありました。
レコード大賞をはじめ数々の受賞が物語るように、日本の音楽界に革新的な新風を吹き込んだだけでなく、現在活躍されている数多くのミュージシャンさんがその背中を追いかけました。

長い年月のブランクと感染症との闘いを経た後、昨年はアルバム「マークfromGARO 時の魔法」を引っさげて奇跡のカムバックを果たしました。このアルバムが図らずも彼の遺作となってしまいました。
ご協力・ご尽力くださった全ての関係者さんやミュージシャンさん、そして支えて下さったファンの皆様お一人お一人に深く御礼申し上げます。

葬儀・告別につきましては、親族の強い希望により家族のみの密葬とさせて頂きました。
お気持ちは大変嬉しいのですが、献花や弔電などをお受け取りすることはできませんので、どうかご了承下さい。
その代わりにお願いがございます。供養のお気持ちがございましたら、
ファンの皆様が今いらっしゃる各自のフィールドで、マークの作品を口ずさんであげてください。
古くなった愛用のギターを取り出してフレーズを弾いてやって下さい。
仲間を見つけて、ハーモニーを奏でて下さい。
そんな皆様がこれからもご健勝でありますように!

MARK forever!

2014年12月11日 マークオフィス
スポンサーサイト
先日の かつみlive ブルースアレイ の様子です

左から マーク  ローズマリー(シローさん)  かつみ  ポール

フィナーレで全員 ロックンロール
盛り上がりました

スリーショットは ガロ井戸(左から マーク  加奈やん  砂田さん)

ツーショットは 二弓(ブレバタ)& マーク です

江ノ島の夜景が綺麗ですね


attachment.jpg  asahimura.jpg  image.jpg



エルトン ジョン...

と言えば 「ユアソング」....と頭に浮かぶ方が多いいことと思います...

でも...マーク が聴いて & 聴きて...聴き込んだ曲がありました...

今まで...この曲を...何で忘れていたのだろう...

その曲は...「グッバイ イエローブリックロード」 です...

でも.....この曲を聴く前に...

まず...この曲から聴いてほしいです...

「Funeral for a Friend/Love Lies Bleeding」...

凄すぎて... トリハダ が立つ 「場面(ヵ所)」 が随所に出てきます...

そして...「グッバイ イエローブリック ロード」...              
エルトン ジョン と言う人は...なんと言う 素晴らしい感性の持ち主なんでしょう...

マーク は その後(ご)....作曲をするにあたって...この二つの「楽曲」に大きく影響される事になる...ある「曲」があります...

それは.....

        「夜間飛行機」...です...

マーク は 更にこの曲に...「Queen」 (ブライアン・メイ)のエッセンスも含ませました...

そして...エルトン ジョン の中で マーク が最も美しい...と想った曲がありました...

......    「ハイアントンの想い出」 ...    マーク も...改めて...うん??十年振りに聴きました......が

やはり...当時と同じように...聴きながら...涙が溢れて止まりません...

seasons... come... seasons... go...
         ....四季は...おとずれ...また...すぎてゆく...




最後は.....

「Pale lonely night」 です

もう お気づきの方もいらっしゃると思いますが.....

イントロダクション.....どこかで聴いた事がありませんか!?
そう.....
その通りです
「心の鍵」 ですね

マーク はこの曲で(この曲だけではありませんが) トミー の心と重なり(繋がり)たかったのです

「pale lonely night」 そんな想いで.....いま一度 聴いてくださいね.....


気がつくと.....        沢山.....の支えてくれる ミュージシャンがいる事を.....

今回 「時の魔法」 に力を下さった ミュージシャンの方々はもとより.....

live においては.....

ニ弓(ブレッド&バター)/昌和(バズ)/加奈やん(古井戸)&サンタラ/かつみ(タイガース)/
Jesse/太田美知彦&百田忠正(ももちゃん)/日浦孝則(classター坊)/堀江淳(じゅんちゃん)
/さいもん(ワントリ)/服部清(レイラ)//そして.....CARO

この友情は.....いつまでも...いつまでも大切にして行きたいです


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。